井上尚弥 ドネア

プロボクシングの

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)

バンタム級決勝で、

WBA&IBF王者の井上尚弥は、

5階級制覇王者ノニト・ドネアと激突する。



当初、試合日程が明確でないとして、

ドネアが棄権を示唆していたが、

回避された模様だ。

決戦の舞台が11月7日、

さいたまスーパーアリーナに決定したと、

米メディアが報じている。

決戦の見所は、

どちらが勝つかではなく、

井上尚弥が何回でどのようにKOするかだ。



両者のスピードが違い過ぎるため、勝負にはならない。

マスコミは井上の圧倒的なパンチ力を称賛するが、

その前提として、パンチが当たらなければならない。

パンチが当たる条件はスピードだ!

井上尚弥のパンチのスピードは、全階級チャンピオンの中で最も速い!

だから、その脅威のパンチ力が生きるのだ!

井上尚弥の最もスバ抜けた長所は、スピードだ!

パンチのスピード、ディフェンスのスピード、フットワークのスピード、

すべてのスピードが井上尚弥の圧倒的な卓越性の前提なのだ!

井上尚弥よ!

また、世界を震撼させる試合を見せてくれ!